基本理念

責任者メッセージ

執行役員常務 加藤隆規
河村電器産業株式会社
執行役員常務 加藤隆規

河村電器産業は、2019年で創立100周年になります。これは、河村電器の生み出してきた製品が、お客様に広く受け入れられてきたからです。

次の100年も、これまで以上に、お客様に喜ばれるような製品を生み出していける企業でなければなりません。ここまでの当社の発展の中で、築いてきたものは大変大きなものがあると思います。河村電器産業が大切にしてきた従業員の自主性、仕事のやりがいやコミュニケーションの深さなど、他社に誇れるものは沢山あると思います。

過去を振り返ると、新しいことへのチャレンジや様々な改革への取り組みは沢山ありました。当社の強みはキャッチアップが早く、スピード感があることだと思います。しかしながら、新しく築いたルールや大事にしたい仕組みが、ややもすると長続きしないことが目立ちます。このようなものを 当たり前のこととして、継続して河村電器産業の常識にすることが、新しい文化となっていくことだと思います。

環境ISOの活動は、振り返ってみれば、製造現場でも、研究開発でも、営業部門でも、スタッフ部門でも、生産性を向上して、ムダをなくす活動を必ず進めてきたはずですし、商品の品質向上や原価低減をして、良いものを作って売ることと目指すところは同じだと思います。

世の中では、世界的にも、ここ数年環境に対しての取り組みは加速度的に深まってきています。特に東日本大震災の影響で、原発事故の影響もあり、ますます環境問題を無視できない状況は続いていくでしょう。

私たち河村電器産業は、会社の業績を上げることや、社員の成長を続けていくことと同じ次元で、知恵を出し合い、この環境活動を当たり前のように深めていきたいと思います。

2017年6月