ニュース

2分の1サイズ開閉器搭載「新型接続箱」発売
過去の情報を見る


2014年09月30日

平素は、カワムラ製品に格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
大幅な小型化を実現した新しい接続箱を10月1日に発売することをお知らせいたします。

◎小型10A 直流開閉器搭載 新型接続箱

接続箱とは太陽光発電システム配電機器のひとつで、太陽光パネルからの電力をまとめ、パワーコンディショナへ接続する機能を持っています。新型接続箱の特長のひとつは小型化です。太陽光発電システムでは接続箱は太陽光パネルの下へ設置されますが、太陽光をより効率よく受けるため太陽光パネルの角度を寝かせて設置するケースが増えており、それにともない接続箱の小型化のニーズも増えておりました。
そこで河村電器産業は、接続箱に使用される開閉器に注目。従来比2分の1サイズの開閉器を新たに開発しました。この開閉器を搭載した新型接続箱は市場での最小クラスの高さ500mm以下を実現し、さまざまなパネル角度、現場状況に対応できるようになりました。

新型接続箱 小型10A 直流開閉器

製品の特長

① 小型化し、特にタテ寸法(高さ)が小さくなりました。
⇒【太陽光パネルの下にスッキリおさまるサイズ】
② キャビネットの構造が新しくなりました。
⇒【サビに強く、強度がアップ】
③ 分岐回路を4回路単位でユニット化しました。
⇒【配線が少なくなり、施工性と安全性が向上】
※上記画像は下記よりダウンロード頂けます。
新型接続箱
小型10A 直流開閉器

本件に関するお問い合わせ先

広報室:田中・牧 
〒489-8611 
愛知県瀬戸市暁町3番86
TEL:0561-86-8190
FAX:0561-86-8105
E-mail:min-tanaka@kawamura.co.jp





PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。上のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。