ニュース

DC1000V対応 産業用接続箱&直流集電箱 発売
過去の情報を見る


2014年09月30日

平素は、カワムラ製品に格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

太陽光発電システムにおける最大入力電圧DC1000Vに対応した産業用接続箱および直流集電箱を10月1日に発売することをお知らせいたします。

◎DC1000V対応 産業用接続箱・直流集電箱

接続箱・直流集電箱は太陽光発電システム配電機器のひとつで、太陽光パネルからの電力をまとめ、パワーコンディショナへ接続する機能を持っています。産業用太陽光発電システムの市場はDC750V(電圧)が主流でしたが、海外標準のDC1000Vに対応したPCS(パワーコンディショナー)が国内に流通してきたことにより、国内でもDC1000Vのニーズが高まってまいりました。DC1000VシステムはDC750Vシステムに比べて回路数を減らすことができ、それにともない設備機器の数も減少、結果として設備導入のイニシャルコストを下げることができます。

そこで河村電器産業は、最大入力電圧DC1000Vに対応した産業用接続箱および直流集電箱を開発し、販売を開始いたします。産業用接続箱は1回路あたりの定格入力電流が10Aで、クラスⅡのSPD(避雷器)および逆流防止対策としてダイオードを標準装着しております。

産業用接続箱
(最大入力電圧DC1000V)
直流集電箱
(最大入力電圧DC1000V)
※上記画像は下記よりダウンロード頂けます。
産業用接続箱
直流集電箱

本件に関するお問い合わせ先

広報室:田中・牧
〒489-8611
愛知県瀬戸市暁町3番86
TEL:0561-86-8190
FAX:0561-86-8105
E-mail:min-tanaka@kawamura.co.jp





PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。上のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。