河村電器産業の取り組み

ホーム分電函が建築設備技術遺産に認定
過去の情報を見る


1961年に河村電器産業が発売した「初代 ホーム分電盤(分電函)」が、「建築設備技術遺産」に認定されました。

この制度は「建築設備技術の進歩・発展において重要な成果を示したもの」が対象となり、当時のカワムラが電気の安全性向上に大きく貢献したことが評価されました。

これからも、みなさまの暮らしや建築設備の技術発展に役立てるような製品をつくり続けていきます。

http://www.jabmee.or.jp/award/isan/index.php