スマートEVチャージシステム wayEV(ウェイブ)

電力をシェアして
かしこく充電。

導入しやすい3つの理由

EVチャージの これからのふつう、 できました。

ふつうの暮らしの中で、
誰もがふつうにEVに乗って、
必要なときに必要なだけ、
ふつうにEV充電ができる。
そんな毎日がいよいよやってきます。

wayEV(ウェイブ)は、
限られた電力をかしこくシェアして
何台もの同時充電を可能にする、
新発想のEVチャージシステム。

電気を誰もが便利に使えることと、
電気を使いすぎないこと。
ふたつの願いを同時にかなえる
これからのスタンダード wayEVが、
カーボンニュートラル実現への
確かな道をひらきます。

wayEVなら、
みんなにうれしい。

wayEVは電気自動車への充電量をリアルタイムでコントロール。
一定量の電力をかしこくシェアするので「満充電の順番待ち」が起こりにくく、
電気の使いすぎもありません。

  • 集合住宅の入居率がアップ!

    マンションオーナー

    EV充電器の設置で物件の価値が上がり入居率がアップ。wayEVなら電力ピークの平準化によって契約電力を抑えられます。

  • 社用車運用を効率的に!

    企業・事業所

    設置・増設がしやすいwayEVの導入によって社用車などの段階的なEVシフトが可能に。デマンド制御・時間帯別制御によって、ランニングコスト削減効果も。

  • 来客増加、収益アップ!

    ロードサイド店舗

    滞在中の「ちょい足し充電」を見込んでの来客が増加。経路中のEV充電スポットとして認知され、収益機会がアップします。

  • EVユーザーに大人気!

    観光地

    「充電設備ありき」のEVユーザーから選ばれる人気の観光地に。wayEVならEV普及とともに段階的に増設していけます。

導入しやすい 3 つの理由

  1. 1

    ランニングコストを節減

  2. 2

    電力契約の大幅変更が不要

  3. 3

    設備の改修が不要

電力切れの不安を解消。ストレスフリーなEVライフ!

今までのEV充電器に
できなかったことを
新発想のwayEV

EVの普及には、生活圏の身近な場所への
充電器設置が欠かせません。
そこで、従来よりも
導入がしやすい
システムとして、
wayEVは開発されました。
限られた電力量の中で、
必要な量の電力を配分するので、
受電設備の増設や契約電力の
大幅変更をしないで導入が可能。
EVユーザーには待たずに
充電が開始されるメリットがあります。

解説:
右図では従来型システムとwayEVの違いを示しています。A車とB車が充電をしている状況でC車が充電を開始しようとした場合、従来型システムでは設備全体の契約電力を超えるため充電が開始されません。wayEVではA車へのこれまでの充電量が設定量以上であることを認識すると、それ以下のB車とC車への充電量を優先的に高めます。

【図】従来型充電システムの場合・wayEVの場合

充電量を制御して
ランニングコストを削減

電気料金を抑えられることもwayEVの大きな特徴。
電力総量を抑制するデマンド制御と、昼間・夜間の時間帯別制御によって
運用コストを大幅に削減することが可能です。

デマンド制御

デマンド契約値※を超えないように充電量をリアルタイムでコントロール。従来に比べて低コストでより多くのEV充電器を運用することができます。

※デマンド目標は、実際のデマンド契約値やトランス定格容量をご確認の上、その8割程度で設定してください。また、デマンド制御を行う場合は、別途SIM契約が必要です。

【図】デマンド制御をしない場合・デマンド制御をした場合
【図】試算方法

時間帯別制御

●昼間の充電コントロール/昼間の設定量※を超えると充電ストップ

●夜間の充電コントロール/夜間の設定量※を超えると最小充電出力で満充電まで充電

※一定の距離を走行できる充電量

【図】時間帯別制御しない場合・時間帯別制御した場合
【図】一日で充電したい量の85%を電気料金の安い夜間に行う。

すべての車両にジャストな量を充電

wayEVは、限られた電力を
多くの車両で分け合うシステム。
先に接続した車両への充電量が
設定量に達したら、
自動的にまだ設定量に達していない
車両に電力が配分されます。

  1. 1

    設定量まで充電された車両への
    充電量を少なくする(またはストップ)

  2. 2

    その分の電力を他の車両へ
    充電を開始した順に多く配分

【図】充電可能60Aの場合 一定距離を走行できるぶんを設定することで、たくさんの車両が充電可能になると同時に電気の使いすぎを抑制します。

限られた電力を
有効活用
カワムラ×JAXAの
充電テクノロジー

限られた容量の電力をシェアして何台も同時に充電する
wayEV独自のシステムには、小惑星探査機「はやぶさ」の
技術が生かされています。

【図】一方通行、だからいい。 独立分散制御ロジックを活用。

wayEV 基本接続例

■MODE3 充電器対応普通充電 / ケーブル付き / 制御回路内蔵

【図】システム構成図
【図】増設イメージ

Q & A

基本性能について

wayEVの電源は必要ですか。
必要です。(AC100V)
急速充電には対応可能ですか。
対応しておりません。
制御ユニット間の通信は無線ですか、有線ですか。
無線(920MHz)です。ただし、充電制御ユニットと充電器間は有線(RS485)です。
設置方法を教えてください。
計測制御ユニット、メインユニット、充電制御ユニット、すべて壁掛・自立設置が可能です。
耐用年数はどのくらいですか。
耐用年数は8年です。(屋外使用を想定)

対応車両について

車種に制限はありますか。
J1772(米国・日本における普通充電の標準規格)に対応している車両であれば充電が可能です。
車両の充電出力は何kWまで対応していますか。
Mode3充電対応車両で、 かつ6kW以下に限ります。

制御機能について

wayEVは何台まで充電器を制御できますか。
最大18台までの充電器を制御できます。
(充電制御ユニットは、1台で3台の充電器を制御します)※対応充電器メーカーはお問い合わせください。
『一定走行が可能な充電量(設定量)』はどのように決めますか。
例えばマンション等で、 近隣に出かける際に最低限必要な充電量(走行可能距離)を任意に設定できます。
(目安として1kWh=6~7kmの走行を想定して設定を行います。)
デマンドの測定はどのように行いますか。
キュービクル内の複合計器より、パルス出力を取得します。
車両の蓄電量を把握して、充電量を制御できますか。
Mode3の規格上、車両の蓄電量は把握できません。

運用について

ランニングコストはかかりますか。
基本的なランニングコストはかかりません。
(デマンド電力監視を行なわれるお客様には、SIM契約が必要です。)
保守、メンテナンスは対応してもらえますか。
別途メニューをご用意しています。詳しくは弊社担当者までお問い合わせください。

その他

NEV※の補助金対象になりますか。※クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金
工事区分の中のデマンド装置の区分で、補助対象になります。

仕様・定格

■本体

  計測ユニット メインユニット 充電制御ユニット
品番 SEC-S-P1 SEC-S-P2 SEC-S-P3
定格電圧 AC100V 単相2線式
定格周波数 50/60 Hz
無線方式 920MHz帯(ユニット間) 920MHz帯(ユニット間) 920MHz帯(ユニット間)
3G/LTE(SIM回線)
デマンド計測 50,000 pluse/kWh
使用範囲 温度 -10〜40℃
湿度 45〜85% (ただし結露のないこと)
外径寸法 W400×H500×D165(mm)
重量 12kg 11kg 12kg
消費電力 15W以下 10W以下
保護等級 IP44準拠

■本体(計測ユニット)

品番 SEC-S-P1
定格電圧 AC100V 単相2線式
定格周波数 50/60 Hz
無線方式 920MHz帯(ユニット間)
デマンド計測 50,000 pluse/kWh
使用範囲 温度 -10〜40℃
湿度 45〜85% (ただし結露のないこと)
外径寸法 W400×H500×D165(mm)
重量 12kg
消費電力 15W以下
保護等級 IP44準拠

■本体(メインユニット)

品番 SEC-S-P2
定格電圧 AC100V 単相2線式
定格周波数 50/60 Hz
無線方式 920MHz帯(ユニット間)
3G/LTE(SIM回線)
デマンド計測
使用範囲 温度 -10〜40℃
湿度 45〜85% (ただし結露のないこと)
外径寸法 W400×H500×D165(mm)
重量 11kg
消費電力 10W以下
保護等級 IP44準拠

■本体(充電制御ユニット)

品番 SEC-S-P3
定格電圧 AC100V 単相2線式
定格周波数 50/60 Hz
無線方式 920MHz帯(ユニット間)
デマンド計測
使用範囲 温度 -10〜40℃
湿度 45〜85% (ただし結露のないこと)
外径寸法 W400×H500×D165(mm)
重量 12kg
消費電力 10W以下
保護等級 IP44準拠