DXへの取り組み

DX(デジタル・トランスフォーメーション)推進についても
「新しいあんしん」をつくるため、挑戦してまいります。

「新しい社会」に起きる「新しいリスク」を、常に先へ、先へと読んで、
社会を積極的に危険から守るという当社のミッション「アクティブ・ディフェンス」。
その使命を果たし社会に貢献するため、デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進においても
2024年度(当社事業年度78期)の事業目標及び推進目標の達成を指標とし、積極的に取り組んでまいります。

「新しい社会」に起きる「新しいリスク」を、常に先へ、先へと読んで、社会を積極的に危険から守るという当社のミッション「アクティブ・ディフェンス」。
その使命を果たし社会に貢献するため、デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進においても2024年度(当社事業年度78期)の事業目標及び推進目標の達成を指標とし、積極的に取り組んでまいります。

取締役社長 水野一隆

カーボンニュートラル実現へも貢献
①EV・PHV等 普及のための設備開発

EVへの充電を、より適切にスムーズに行うことが可能な「スマートEVチャージャー」をはじめとする、次世代自動車の普及をサポートするための様々なシステム開発を推進します。

ev_phv
ev_phv

IoT、ICTを活用
②コネクテッドファクトリー構想の実現

フレキシブルな生産ラインで多品種を可能にするソリューションファクトリーを推進。さらにお客様とも繋がる次世代生産システムを構築します。

connected

業務効率化を推進
③社内外の情報共有データベースのクラウド化

社内の重要管理指標(KPI)を共有プラットフォーム構築によって一元化。 さらにお客様も含めた共有環境を推進し、
広く情報に関連する業務の生産性向上を実現します。