PASSION

KAWAMURA RECRUITING SITE

みんなの生活を支えているそう思って仕事をしている

変化し続けてもポリシーは変えないそれが技術屋だ

ボクの製品チェックが安全につながっている

10mmの厚さに社員全員の熱が込められている

製品づくりの最後はやっぱり情熱だよ 情熱

PAGE TOP
CLOSE

PASSION

KAWAMURA RECRUITING SITE

生意気でも構わない、学歴も関係ない、失敗してもいい。情熱や挑戦こそが仕事をおもしろくする。 そういう人間が今までにない商品を生み、社会を動かし、幸せになるのだと思う。 もし私たちカワムラの情熱に共感し、魅力を感じてくれたのなら、どうか仲間になってほしい。 ここには、そのステージがあります。

はじめまして、社長の水野です。突然ですが、私は入社からずっと技術者として働いてきました。アイデアと技術で、今までにない製品を様々な失敗を繰り返し、次々と開発してきたのです。それは、河村電器産業という環境だからこそ生まれた製品。技術者から社長になったというのも、その環境があったからこそだと思っています。 「失敗してもいい。挑戦してみろ。」 創業から約100年。いつの時代も新しい考え方で、新しい製品をどこよりも早く世の中に投入してきました。それは、たとえ入社して間もない社員でも、挑戦する場所を与え、挑戦させるチャンスを与えたからだと思います。でも、そのほとんどは苦労や失敗ばかりですが、確実にその社員は成長しますし、イキイキとしています。手前味噌ですが、その積み重ねにより、革新的な製品を生み出す会社になったと自負をしております。 「一緒に、挑戦しようじゃないか。」 我々には若いチカラが必要です。 ぜひ、あなたの可能性を当社のために。 河村電器産業株式会社 取締役社長 水野一隆

河村電器産業株式会社 取締役社長 水野一隆
金玲玉 2011年入社 上海河村電気有限公司

もう、やるしかないでしょ!ウチの仕事は、スケールが大きい。

私は高い理想を持っています。それは“日本のモノづくり理念とノウハウを学び、中国社会に貢献したい”ということ。その理想にいちばん近づけると思ったのが中国展開をしている河村電器産業でした。中でも私を成長させたのは、中国のOJT改善活動、人事制度改革、市場・商品開発・展示会運営など、中国事業を伸ばすためのすべてです。「経験はないけど、もうやるしかない」そう決意したのです。工場の改善活動、生産ラインの構築、部品供給システム、人事制度の見直しなど、あらゆる仕事をやり抜きました。今では中国スタッフが気持ちよく働く環境になり、業績も上向き。また、自分が企画した商品が世に出るまでを体験できて、仕事のやりがいを感じています。そういった経験を通して感じるのは、日本のモノづくりを学んで中国でチカラを発揮したいと思う留学生にとって、当社はベストな選択です。なぜなら、教育に時間と予算をかけて育ててくれること。そしてなにより社員を家族と思って接してくれるので毎日が楽しいのです。やりたいことを、やらせてくれる。できた人を、讃えてくれる。私は、そんな河村電器産業が大好きです。

金玲玉 2011年入社 上海河村電気有限公司

梅山大地 2011年入社 東京支店 東京営業所

会社の“ムチャぶり”が、ぼくを強くした。

忘れられない仕事があります。それは、やっと仕事を覚えはじめた入社3年目。当社で最も重要な商談展示会の委員に指名されたのです。「どうしよう、そんな大役が果たせるのか?」そんな不安のなかで、どんな製品を、どんな人に、どうアピールすればいいのか。考えて動いても、やはり失敗ばかりの連続。「気にせず、思ったこと・感じたことを発言しなさい」。「全国の営業マンが集まるから顔を売りなさい」。先輩からこのような叱咤激励を頂きながら一生懸命に動きました。その言葉で吹っ切れたのか、結果、先輩社員と結束が生まれ、自分の引き出しも増え、目標も無事に達成。そこで気づいたのですが、河村電器産業の良いところは「社員同士の関係性」にあるかと思います。決して馴れ合うわけではなく、あくまで競争相手として過ごす。誰かがミスをしてピンチでも全員がフォローにまわる。こんなにも厳しくてあたたかい場所はないのではないでしょうか。これからも、そこで学んだ「折れない心と、負けん気の強さを」という意志で頑張っていきたいです。もし新しく入社する学生がいたら、それを伝えたいです。

梅山大地 2011年入社 東京支店 東京営業所

三代川和聖 2011年入社 生産技術部 生産システム推進グループ プロジェクトC(本地PJ)

「マジっすか!?」3年目なのに、業績を左右する仕事を頼まれた。

私の仕事は、設備導入や作業の改善をして生産ラインを効率的にすること。メーカーとしては、非常に重要な部署だと言えるのではないでしょうか。入社して3年たった頃です。工場に導入する設備機器を私が担当することに。しかも当社で初めて導入する設備。その完成度の良し悪しで、新商品の品質に大きく影響してしまう。つまり、会社の売上げが変わってしまうのです。それはもう、がむしゃらでした。上司やメーカー様と一緒になって試行錯誤し、加工条件や設備の構想等を毎日詰めました。ようやく準備が整い、自分から社長へプレゼンテーション。「よし、発注しなさい」一生懸命に考え抜いたことや想いをすべて伝え、承認が得られたのです。今では理想の生産能力になり、問題なく稼動しています。自分が担当した設備が、会社の業績を左右する。これは、私の仕事の魅力であり、やりがいです。このように当社は、若い時からプロジェクトを任されます。しかもそれはどれも大きな案件ばかり。だから経験をどこよりも早く、多く得られるのだと思います。若い時期から大きな仕事を任される会社がいい、これがやりたい!という意見が通る会社がいい、社員を大事に思ってくれる会社がいい。こう思っている方は当社(特に生産技術部!)がオススメです。みなさんに会える事を楽しみにしています。

三代川和聖 2011年入社 生産技術部 生産システム推進グループ プロジェクトC(本地PJ)

栗原菜々子 2012年入社 海外市場開発部 市場開発グループ

一人前になるには、たくさん経験するしかない。

私は2年目からタイの市場調査、需要調査、ブランディングの仕事を任されました。その中でも印象に残っているのは、タイでおこなった展示会の企画運営。なぜなら、私が初めて挑戦する展示会だったからです。ブースデザイン、ノベルティ選定、商品紹介プレゼンテーションを研究開発部の社員と制作。さらに、関係者のアテンド、現地スタッフのフォローや、その後の来場者フォローアップなど・・・。とにかく動き回ったのですが、様々な人との連携がとても難しく、何度もくじけそうになりました。しかし、皆の協力もあり期待を上回る結果を出せました。反省点も多くありますが、担当者としてやり遂げたことに大きな達成感を味わうことができました。それもこれも、社員の年齢や職責に関わらず、お互いに協力できる風通しの良さがあったからこそだと思っています。就職活動をがんばる学生には、「本当にやりたいことを突き詰めてください」ということを伝えたいです。もし、何かに挑戦したい意志を持っていればきっと、当社はふさわしいステージだと思います。

栗原菜々子 2012年入社 海外市場開発部 市場開発グループ

竹岡秀祐 2012年入社 暁第1工場 物流管理課 物流管理1係

プロだから、熱くなる。

私が所属する部署は、物流管理課です。きちんと納品するために、製品を管理する仕事です。モノづくりとは関係ないのでは?と思われますが、実はとても重要な部署なのです。入社した頃は、社内でもめているような状況をよく見ました。しかしそれは、“もめている”のではなく、激しく討論をしていたのです。私はそれを横目で見るしかない新人でした。2年目が過ぎた頃、その討論の意味に気づかされた上司の言葉がありました。「プロ意識をしっかり持ちなさい」。私はそのとき、「ハッ」と思ったのです。あの時の激しい討論は、プロとプロの真剣な打ち合わせだったんだと。間接部署だとしても、プロであることを忘れてはいけない。今ではその言葉を支えにしながら一日一日を真剣に働いています。最後に私が河村電器産業のいちばん好きなところは「地元に愛される企業を目指す」という想いです。地元の人間としては、そういった会社でずっと働けることは幸せだと心から思っています。

竹岡秀祐 2012年入社 暁第1工場 物流管理課 物流管理1係

竹川直貴 2012年入社 研究開発部 開発設計グループ キュービクル開発チーム

最後はハートでしょ、ハート。

地元の有名企業だったから。これが私の入社のキッカケでした。しかし、自分の人生なのにそれだけではいけないと思い、河村電器産業を調べていくうちに“仕事内容も職場も自分に合うかもしれない”と思い入社を決めました。それから2年後のことです。キュービクルなどの高圧受電設備の中でも、いま最も注目されている“マンション一括受電”の新製品設計を任されました。当社で初めて行う事業で、お客様のニーズに応えられる製品にするまでにとても苦労しました。どんな市場なのか、どんなニーズがあるのか、そのニーズを超えられる製品はつくれないか。設計してはやり直す、そんな日々が続いたのです。初めての仕事だから、完成までおもいっきりやろう。その強い想いだけで完成させ、今ではお客様にしっかり応えられる製品を開発できています。そう考えると「ハートが熱い」という当社の雰囲気が私に合っていたのかもしれません。時には失敗して怒られることもありますが、多くの議論を重ね、より良い製品を作ろうという気持ちでいっぱいです。若手の意見でもしっかり耳を傾けて、製品にしてくれる。若いうちからやりがいのある仕事をしたいのであれば、当社がふさわしいと思います。

竹川直貴 2012年入社 研究開発部 開発設計グループ キュービクル開発チーム

KAWAMURA RESEARCH

社員を知れば、カワムラがちょっと分かる。

様々な角度から、カワムラを調べてみました。そうしたら、ちょっとだけカワムラのことが分かるかもしれません。

1.平均年齢

わりと高めです。若い人のチカラが必要です。

2.住まい

工場がある地域は多いですね。

3.血液型

几帳面な人が多い。でも、大ざっぱな人も多い?

4.結婚率

安定している証拠かな。

5.苗字

加藤さんがダントツで多いね。

6.男女比

女性の方、チャンス!男性がたくさんいるよ!

※2015年1月現在

あんなところで、こんなところで。様々な場所でカワムラ製品が活躍しています。

東京スカイツリー の「株式会社J-WAVE スカイツリー送信所」で、カワムラの分電盤が活躍しています。

当社の主力商品であるホーム分電盤。 あなたのおウチにも必ずある分電盤ですが、 住宅用だけではなく産業用の分電盤もあるのです。 その中でも東京スカイツリーの 「株式会社J-WAVE スカイツリー送信所」で、 カワムラの分電盤が活躍しています。 いつも何げなく聴いているラジオも、 見えないところでカワムラが活躍しています。

ゾウのために。ゾウを見る人のために。名古屋市東山動植物園 新アジアゾウ舍で、カワムラのキュービクルが活躍しています。

もしかしたら、一度は見たことがあるかもしれないキュービクル。 それは、変電所から送られてくる6,600ボルトの電気を 100ボルトや200ボルトに変圧する機器を収めた大きな箱です。 主に、多くの電気をつかう商業施設や、 店舗、病院、工場などに設置されています。 そんな当社のキュービクルが 名古屋市東山動植物園 新アジアゾウ舍に導入されています。 主役のゾウのために、しっかりとカワムラが下支えしています。

日本の文化財を電気火災から守りたい。京都・建仁寺で、カワムラのプレトラックコンセントが活躍しています。

たとえば冷蔵庫の電源プラグを差し込んだコンセント。 普段お掃除がしにくいので、埃だらけかもしれませんね。 実はそのような状態が続くと コンセントから発熱や火災に至る恐れがあるのです。 プレトラックコンセントとは、その現象を初期段階で検知して 電気回路を遮断してくれるコンセントです。 京都で最古の禅寺である建仁寺で活躍しています。 “日本の文化財を守りたい”という私たちの想いから実現した仕事です。

会社情報

企業サイトの「会社情報」をご覧ください。

会社情報

福利厚生

健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金、
借上寮・社宅(転勤者用)、住宅資金融資制度、財形貯蓄制度、再雇用制度、
介護・育児休業制度、労働組合、 保養所 ほか

教育研修

新入社員研修
海外研修
キャリアデザインプログラム
階層別研修 ほか

採用情報

2018年3月卒業の方 エントリーはこちらへ

前年度採用実績数 理系(5名)、文系(16名)
今年度採用予定数 前年度と同程度を予定
予定採用職種 ■技術職(研究開発) 
■営業職
■生産マネジメント職
勤務地 ■技術職/愛知および国内工場
■そのほかの職種/全国の主要拠点
初任給
(基本給)
四大 198,000 円
院  214,000 円
高専・短大 170,000 円
昇給 年1回(給与改定制度による)
賞与 初年度年2回(勤続2年目以降、年3回(7月・12月・期末))
全社平均4.50ヶ月/年(2016.03)
勤務時間 技術9:00~18:00 
営業8:30~17:30、9:00~18:00 
生産8:00~17:00
休日休暇 週休2日(土・日曜) 
年間休日124日 
有休/入社時10日(初年度9/1付 13日付与) 特別ほか
選考方法と
重視点
SPI、面接(複数回) ★面接重視です。 
■カワムラ採用HP(https://job.axol.jp/hk/s/kawamura_18/mypage/)より
エントリーのうえ、会社説明会にお越しください。
連絡先 〒489-8611 愛知県瀬戸市暁町3番86
TEL 0561-86-8181 FAX 0561-86-8188
E-MAIL: info_recruit@kawamura.co.jp
人事部 人事課
備考
(提出書類など)
1.履歴書 2.卒業見込証明書
3.健康診断書
4.成績証明書